掲示板

いざという時のために、100%自給自足(自産自消)の生活を目指しましょう!


2019年1月19日土曜日

死に掛けたバッテリーを復活させる・・・その後

1/12  22回目の充電後、ダメ押しで1週間のソーラー接続を行ったが、全く
改善されなかった。

続いて同じように1週間後の変化を確認してみた。
新品のバッテリーなら、充電だけでも2時間以上は使えるようになる。
時間の経過と共に良くなるよう願っていた。


2019年1月12日土曜日

死に掛けたバッテリーを復活させる・・・まとめ!

バッテリー復活最後の砦。
これを使った人たちの書き込みは、けして良いものではありませんでした。

・何の変化もないなら良いけれど、バッテリーが泡を吹いてイカレテしまった。と言うコメントがありました。
壊れてしまうなら最後にチャレンジしようと思いました。
なので、これが最後の挑戦です。


死に掛けたバッテリーを復活させる・・・まとめたい・・・


充電しながらサルフェーションが除去できるというアイテムを使用して23回目の充電をした。
充電完了後に1週間、ソーラーモジュールに接続し補充電してみる。

さて、その効果は。








2019年1月5日土曜日

死に掛けたバッテリーを復活させるには・・・

死に掛けたバッテリーを復活させる方法としてサルフェーションの除去が最も効果的なようです。

で、どんな方法が一番安価で効果的なのかを調べてみることにしました。

<サルフェーションを除去しながら充電する。>

高いモノなら効果が出ることはわかりますが、安くても効果が出ないと新品のバッテリーを買った方が良くなってしまいます。(新品バッテリー/40B19Lでも3000円以下で購入できます)繰り返し性を考えて掛ける金額は、5000円以下とします。

他に薬を使う方法もありますが、安い薬ではバッテリーがパンクしてしまったという書き込みがあったため最後に回します。
さて、冒頭に申しあげておきますがこの実験に使用した充電器の結果については、使用する環境によっても変わりますので、あくまでも私が試した結果だけととらえてください。

2018年12月29日土曜日

バッテリーの能力確認

発電実験に使用しているバッテリーは、
規格が40B19L。新品でも2000円台で購入できるし、手ごろなバッテリーだ。

以前夏に、同じ実験をした時には32インチのテレビを5時間半も見続けることが出来た。
しかし今は冬。
日照時間が全く違う。
夏場の日照時間は15時間あり、今の季節は10時間程度である。
つまり、今の時期なら5.5h÷1.5≒3.67hとなる。充電量は天候に左右されるため、今の時期なら3時間以上使えれば良しとする。


2018年12月22日土曜日

廃棄バッテリーを使う_まとめ

廃棄バッテリー(車のセルが回らないので交換)を使って実験を続けています。
前回、廃棄目前のバッテリーでも6日間の充電で65whの電気を溜めれることが分かりました。※廃棄直前のバッテリーとは言っても、その能力は様々です。これ以下の場合もあるでしょうし、これ以上の場合もあります。なので、あくまでも参考事例です。

2018年12月15日土曜日

週1でシャープ60wのテレビを2時間使いたい!

表題の『1週間に1日だけ、シャープ60wのテレビを2時間使いたい!』という相談を受け、一つのシステムを提案した。

1万円も掛からない太陽光発電のシステムだが、これをやりたいために使った既存のシステムは、なんと100万円近く掛かったそうだ。悪徳業者ではないと思うが、システムの中身を良く知らずに販売しているようだ。
『最近やたらと電気が止まってしまい、当初の予定通り使えない。』そんな話だったと思う。
原因はいくつか考えられる。しかし、僕はこれを商売にしているわけではないので、提案だけで修理はしない。

始め、メーカーは違うがほぼ同じくらいのテレビを使って実験してみることにした。
インバーターで100wに変換し、ワットモニターで消費電力を測定してみたがテレビというのは実に不安定で、定格の53wが表示(消費)されることは無く『40w前後を行ったり来たり』これでは、実験が出来ない。
安定した消費量の負荷に変える必要がある。